Feelings (Omoi)

 

Note: I don't know who wrote this. The people who run Japanese webpages have a way of hiding their names where one can't find them. I tried emailing the author for permission to translate her stories, but my emails bounced. All I can say is that this story is from a multi-series webpage that goes by the over-all name of fukurou shoukou-gun- the Owl Symptom Army, which further strengthens the theory that most Japanese were Monty Python in a former existence. The author, whose name *might* be Rangatsu or Tamago-tsuki (Egg-Moon) is a Kou fan. This runs off the Feb.2001 episode where we see the results of Nii's work with Kou. Read and, as they say, weep.

 

Japanese text included for comparison purposes.

 

 

目の前の壊れかけた操り人形を壊したいと思った。

目の前の壊れかけた操り人形を壊したいと願った。

目の前の壊れかけた操り人形を壊したいと叫んだ。

全ては形にならず。

全ては心の中で止まるだけで。

全ては空回り。

 

「気易いぞ」

振り向きざまにそう言われた。

目の前の主君は、それ切り必要以上のことは喋らない。

いつもの胸の中に安易に抱き込めれた後ろ姿じゃない彼が。

冷たい、操り人形になってしまった彼が。

絶対的な不安感が躰をめぐった。

心の中が痛く辛く。

ドクリと大きく心臓が脈を打った。

いつも。

いつも。

後悔のみが頭の中枢を傷めつける。

あの時、あのヘボ医者に彼を頼まなければ。

あの時、俺が紅を守ってやれていれば。

あの時、俺が紅を止めていれば。

あの時、あの時、あの時。

 

 

過ぎたことだ。

 

元通りに出来るならすでにしているさ。

 

出来ないから。

もう意味の無い事なのに。

後悔してももう意味が無いのに。

痛い、イタイ、傷い、いたい。

 

胸の奥が痛い。

 

頭の奥が痛い。

 

心が、躰が、この操り人形に悲鳴を上げている。

どうして、お前は。

どうして、俺は。

殺してしまいたいとも考えてしまうのに。

 

ずっと俺の側に置いていたいとも考えてしまうのに。

 

もしも。

 

もし許されるのであれば。

いや、許されなくても。

今すぐお前のその足をもぐ事が出来たなら。

歩けないように神経を切ってしまったら。

お前は俺の前をただ何の感情もなく歩く事を止めるであろうか。

 

もし許されるのであれば。

いや、許されなくても。

今すぐお前のその腕をもぐ事が出来たなら。

使えないように神経を切ってしまったら。

お前は俺の差し伸べる手を払う事もなくなるのであろうか。

 

もし許されるのであれば。

いや、許されなくても。

今すぐお前のその目をえぐる事が出来たなら。

角膜を傷つけて見えないようにしてしまったら。

お前は俺を見下すような目で見るのは止めてくれるのだろうか。

 

もし許されるのであれば。

いや、許されなくても。

今すぐお前のその喉を潰す事が出来たなら。

声が出ないように声帯を破壊してしまったら。

お前は俺に冷たい言葉を浴びせるのは止めてくれるだろうか。

 

もし許されるのであれば。

いや、許されなくても。

今すぐお前のその胸を貫く事が出来たなら。

その中で蠢いている心臓を潰してしまったら。

お前はずっと黙って俺の側にいてくれるのだろうか。

 

 

もし許されるのであれば。

いや、許されなくても。

それでも許されるのであれば。

 

 

許されるのであらば。

願わくば。

彼が彼に戻ってくれれば。

微笑んで、主君面しなくて、貧乏で、我侭で、優しくて、愛しい、あの  

                    

『泣くなよ?』

そう、悟浄に言った憶えがある。

『泣いてねぇよ』

そう言って、いつもあの子は泣かなかった。

ホントは泣いて良かったのに。

泣くなよ。

泣いてねぇよ。

上辺だけ。

表面上だけ。

今の俺はあの時のお前と一緒だ。

心が、涙を流している。

自分の主は愛しい恋人は冷たくなった操り人形は。

ただ黙々と目的の為に俺の目の前を歩いている。

手を伸ばせばすぐに届く位置にお前はいるのに。

 

どうしてこんなに離れているように感じるのだろう。

心が痛い。

 

目尻が熱い。

どうしてなのか。

判っているのに、理解できない。

 

判っているのに、理解したくない。

判っている。

 

判っているんだ。

 

どうしてだなんかは。

 

もう、判りきっているのに。

 

あぁ。

こんな時。

人は縋る思いで呟くのだろうか。

 

「神様」      と。

 

 

 

 

 

 

Feelings

 

 

The broken puppet standing before me-

I wanted to destroy it

 

The broken puppet standing before me-

I begged to destroy it

 

The broken puppet standing before me-

I was screaming inside-- 'Destroy it!!'

 

Only the outward form of him.

Heart come to a stop

Running on empty.

 

'Keep your distance' he said

looking over his shoulder as he spoke to me.

My prince, standing before me, says no more than that

 

His back turned to me-

the back that I once could hold so easily against my chest.

Not any more

this ice-cold puppet

 

dread like doomsday through my body

cramping pain in my heart

like a blow to the chest

 

Always

Always

The same regrets carving into the centre of my brain

 

If only I hadn't handed him over to that ham-handed doctor

If only I'd been able to protect Kou before that

If only I'd stopped Kou from fighting in the first place

If only...

If only...

 

If only.

 

Too late. It's done and over.

 

If I could make everything the way it was before, I'd have done it already

I can't.

Pointless.

No matter how much I regret it, it's pointless

 

It hurts. Hurts. I hurt. I-- hurt.

 

Hurts inside my chest

hurts inside my brain

 

My heart, my body, cry out to this puppet before me

 

Now what will you do--?

Now what will I do--?

 

Thinking, I should kill him but-

and thinking, I want to stay with him forever but-

 

If-

 

If I was allowed to do it

--or even if I wasn't--

if I could take your legs from you

cut the nerves so you can't walk any more

Could I stop you from walking away from me, empty and feeling nothing?

 

If I was allowed to do it

--or even if I wasn't--

if I could pluck your two arms from you

cut the nerves so you can't use them any more

Could I stop you from pushing away the hand I reach out to you?

 

If I was allowed to do it

--or even if I wasn't--

if I could take out both your eyes

slit the corneas so you can't see anything

Could I stop you looking at me with such contempt?

 

If I was allowed to do it

--or even if I wasn't--

if I could crush your throat

rupture your vocal chords so you can't speak

could I stop you from pouring those cold words upon me?

 

If I was allowed to do it

--or even if I wasn't--

if I could pierce right through your chest

and destroy the heart quivering inside it

would you stay with me forever, silent at my side?

 

If I was allowed to do it

--or even if I wasn't--

but if I was allowed...

 

If I was only allowed...

 

I beg you

Bring him back to himself

smiling, unprincely, poor, high-handed, gentle, lovable, my...

 

'Don't cry.'

I used to say that to Gojou

'I'm not crying,' he always said, and he never did.

Better if he had.

 

Don't cry.

I'm not crying

but only on the outside

only on the surface.

 

Now I'm the way you were then

 

My heart is shedding tears

 

My lord and my beloved lover is now a cold puppet

walking in silence before me towards his goal

only that

so near I could touch you if I reached out my hand

why do you feel so very far from me?

 

My heart hurts

My eyes burn

Why?

 

I know, but I can't understand

I know, but I don't want to understand

I know

I do know

I know why

 

I know only too well

 

 

Ahhh--

...is it at times like this

when people look for something to save them

that they say 'oh my God...'